2018年11月17日

介護業界でのジョブホッパーの存在について

転職を行う上で気がかりであるのは、これまでに行ってきた転職の回数です。
仕事の業界では、転職回数に関する噂があります。あまりに転職の回数が多いとかえって採用で不利という話は、良く耳にする噂です。確かに、あまりにこれまでの転職の回数が多いと、ジョブホッパーと採用担当者に見なされる可能性はあります。あまりに転職回数の多いジョブホッパーは、職場に気に入らない点があるからと転職する人もいると警戒されます。そうした人物は、採用担当者の立場としてはあまり評価できません。
介護の分野では、時に仕事が厳しい事もあり、離職者が多い傾向が強いです。
そのため、転職経験がこれまで多数に及ぶと、多少は採用で不利となるかもしれません。そこで転職する際には、安易にすぐ転職先を決めてしまうより、まずはじっくりと転職について熟考するのが大切です。ただしアピールできるポイントがあれば、ジョブホッパーでも採用で有利になる可能性があります。これまで経てきた仕事の経験が介護に役立つなら、転職を重ねてきた人は有望な人材です。そこで、介護の分野に転職するにあたり、これまでの仕事経験をいかにアピールするかが、採用につながる重要な点です。経験豊富でコミュニケーション能力も十分に培われてきた人物なら、多少これまでの転職回数が多いからといっても、採用されるチャンスがあります。採用担当者が最終的に判断するのは、本人に働くうえでのふさわしい素質があるかどうかです。

2018年11月
     
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

アーカイブ